消費者金融の審査

審査の緩い消費者金融

消費者金融の審査

金融でお金を借りる側と借りられる側

お金を借りる側も貸す側も互いに信用あってこそ成り立つものだと思います
どちらか一方が不満があったり信用出来ないとなれば取引は成立しないものです。

 

例えば借りる側が信用性の全くない闇金を利用する場合
やはり良い気持ちでお金は借りれませんから余程の理由でもない限りご利用は避けてしまうものだと思われます。
これと全く同じといいますか、金融側もお金を貸す事にある意味リスクを背負っているわけですので
ちゃんと返済能力がある方なのか、何処まで信用出来るのかという事が当人に問われるわけとなります。

 

お金を貸してもちゃんと返せる人であれば利息など継続的に支払ってプラスの利益がありますし金融会社の経営も困る事はありません。
しかし自己破産をされるような方、多重債務者においてラクにお金を貸せる程のメリットが考えられないので断られる場合がほとんどでしょう。
審査に落ちてしまった方々は信用性に欠けている可能性が十分にあるという事になります。
お金を借りる際、収入や職業、住まい、過去の取引履歴などを絶対閲覧される事となります。

 

自分の今まで行いが金融の審査には大きく関わってきますので
その点を改めた上での申請をするべきだと思われます。
借りる側も貸す側も信用し合ってこそ成り立つというもの
どちらかが欠けてしまうと真っ当な取引だとは言えないものだと思われます。

 

金融の審査では嘘が通らない

必ず人には欠点があります。
それ故に不備な思いをしたり、思ったようにいかない事が起きてしまったりするものなのでしょう。

 

自分は常に完璧だからと言うような人であっても必ず何処かに欠点があります。
つまり何かしら個人情報にも欠点がある可能性がある考えられます。
一番直面しやすいのがお金の貸し借りの場でもあったりします。
何故ならば個人情報を包み隠せず、全て見抜き見通しとされてしまう事によって、 必ず隠せない欠点が浮かび上がってくるからです。

 

よってお金を借りている人が審査に落ちたという場合 欠点の発覚が判明していたという事になりますよね。
人間は無意識に自分を着飾ったり、偽る事、 見栄を張る、強がるなどが多くあると思いますが
こういった金融関係には通用しないという事になります。
つまり、何かと自分の欠点を自覚して認めなければいけなくなるという事です。

 

それをどう改善するか、良い方向に持っていくのかが大事な事でもあったりします。
勿論大手の金融会社の審査に落ちてしまったとしても違ったお金の借り方はそこそこありますので
一つに絞って悩む必要はないと思いますが
自分の個人情報にあります欠点を改善しなければ真っ当にお金を借りる事が難しいという事は忘れないで頂きたいものです。

 

 

ゆるい審査の消費者金融を選びたい人たち

お金を借りるに従って
避けては絶対通れない審査です。

 

その厳しさも年々増していく一方ですが
おかげさまでヤミ金や違法業者も摘発されて減少はしていきました。

 

それでも手堅い審査が面倒でゆるい審査を尚望んでしまう今の時代という皮肉な話。

 

せっかく取り締まりも厳しくなってお金の貸し借りにシビアになり
借金により命を絶つような事も昔に比べて少なくなっていきていた今世

 

ゆるい審査を今も尚求めてしまう人の背景にどんな人がいるのでしょうか。

 

ただの一般人であれば余程事故情報が存在しない限り
ゆるい審査をそこまで必要するものではありません。

 

やはりワケあり事情がある方がゆるい審査の金融業者を求める傾向ですね。

 

例を挙げますと

  • ブラックリストに載っている人
  • 多重債務者
  • 専業主婦
  • 水商売

これらの部類に属されている方々はまず普通にはお金が借りれない事は言わずとも知れてしまいます。

 

以上にあてはまる人であれば自然とゆるい審査を求めてしまうのも納得、 知人を説得してお金を得た所で継続的な安定を計るのも難しい事だと思います。

 

水商売は人気や売り上げによって給与も変動しますし、多重債務は債務を整理する必要性があります。
主婦は無収入や格安の給与査定によって断られる場合も多いですし、ブラックリストは信用性0と言えます。

 

金融業界の取り締まりが厳しくなればなる程
ゆるい審査を求める人にとって苦しいものだと思われます。

 

その分安全にお金が借りられる時代なので、決して悪い傾向でないのですが

 

生活が苦しい又は債務に悩む人にとっては年々高まるの厳格な審査への取り組みは悲報と言えるでしょう。

 

今の時代は金融も銀行も審査同等?

昔であれば金融がだめでも銀行があるとか、審査落ちの予備軍としてどちらかで借りれるだろうと思っている人が多くおられました。

 

金融は大手だと審査が落ちる事が多々あったりするので、そんな人にとっての次の手段として銀行は心の拠り所だった事でしょう。

 

以前銀行と金融では信用情報機関の審査は別々だったと思われます。
しかし近年では銀行も金融も信用情報機関のデータを共有しているとの事でした。

 

つまり金融でだめなら銀行という手口が今の時代は難しくなっていると捉えられます。

 

ただでさえ審査が厳しい時代となっているので、一度審査に落ちると他社への審査影響にも関わってきそうですね。

 

一度大手の審査で落ちた場合、間隔を空けたり、ご利用を控える。
止むを得ない場合、独自審査の中小金融を利用する。

 

うまく関係を持たないと、一方的に申し込むだけではどの会社からも受け入れてもらえなくなる可能性があります。

 

そうならない為にもアタック精神を強くしないで、知恵を振り絞りましょう。

 

ここがだめなら次はここという感じで申し込みをするのは良い行為とは言えませんので、
ここでだめなら別の手段を検討するといったやり方の方が無難かつ安全な策と思われます。

 

これ以上の個人情報を汚す事がないように励まれて下さい。
貴方の大事なお名前に泥を塗って汚名(ブラック)にする事がないようにしましょう。

 

元金融業者からの助言

お金を借りれなかった依頼人は水商売をしている人で月給30万、他社に一件の借り入れで月々返済を二ヶ月滞納していた。
尚銀行系ローンで数十万を借りれているにも関わらず返済をしていない。

 

この方が審査に通らない理由又指摘を求めておりました所

 

お金を借りる際に審査で通らなかった事に対して、元金融で働いていた方が的確にこう答えておりました。

 

審査に通らなかった一番の原因は銀行系ローンを未返済の点、そして他社から借りている二ヶ月の滞納情報でした。

 

本格的に延滞がつくの三ヶ月目からなので、二ヶ月延滞している分を真っ先に支払う事を助言されており、
その次に放置している銀行系のローンも返済していくべきとの指摘をされておりました。

 

その後完済出来れば中堅以下の金融であれば審査が通るのではとの事でありました。

 

自分的には水商売という収入の変動の激しい職業も審査でひっかかったのではないのかと思いましたが、
この方曰く仕事は仕事との事で月給が安定しているならば良いとの事でした。

 

同じ水商売でもジャンルが色々とあって安定月給と歩合制(指名制)などがあるのですが、
今回の依頼人は固定月給でしたので職業としては良しとされているのかなと思いましたね。

 

例え水商売であっても固定月給であれば審査は通るものなんだと思いました。

 

しかし、やはり滞納と未返済などは審査には大きく響くので、これをなんとかまず解決するべきでしょうね。

審査の緩い消費者金融