消費者金融の審査

審査の緩い消費者金融

消費者金融の審査の内訳はポイント制

消費者金融の審査について

 

敏感肌 白髪染め

 

消費者金融の審査ってどういうものがあるの?

例えば、クレジット会社で言うと、審査はポイント制で、進められるのだそうです。
どういう事かと言うと、最終的に総合ポイントで契約するかどうかが決まるのだとか。

 

方法として、会社員なら「3点」で自営業なら「1点」となり、住居の審査においては、持ち家を持っているのなら「3点」賃貸や賃貸マンションならば「1点」となります。
それらの総合得点が「20点」以上ならば、利用限度額で契約をすることが出来ると言う仕組みになっているそうです。
なるほどね。と思ってしまいますね。

 

点数で分けられるのはすこしさみしい気がしますが、でも、合理的かつ分かりやすい審査方法ですね。
こういう実際の例を見てみるとはやり、お金を借りる際には自分の周囲の状況や状態が関係してくることが良く分かりますね。
それを踏まえると、大手金融会社では、主婦や無職の人の借り入れが難しいことが見えてきますね。

 

敏感肌 白髪染め

 

▲TOPにもどる

 

もう一つの審査方法

前記では、属性ポイント制の審査方法について話しました。
次は属性モデル像の審査方法について話したいとおもいます。

 

ちょっと聞きなれないですよね。属性って何だろう。
そう思っちゃっても仕方ないと思います。
この審査方法は、過去膨大な顧客データの中から、その審査の対象者に一番近い属性を持つ人をピックアップし、その人を未来のモデル像として考える方法です。

 

これは、その選ばれた人が審査される人の未来の姿となるために、選ばれ(ピックアップされ)た人の利用状況が良ければ審査は通過しますし、逆にダメな人が選ばれてしまった場合は、残念ながら審査に通過するのは難しくなります。
こればかりは、運も関わってくるので、誰を責めるわけにもいかないですね。

 

でも、その場合は必ずしもその人だけのせいとは限らないので、落ち込まずに次の審査に行った方がいいかもしれません。
その場合も決して不正はせず、きちんと向き合って審査に臨んでくださいね。

 

敏感肌 白髪染め

 

▲TOPにもどる

 

消費者金融の審査が必要な理由

消費者金融はなぜ審査などというものをするのでしょうか?
それは、審査をしないと、消費者金融が潰れてしまうからです。

 

お金を借りたいと言うだけでただただ貸していたら、借りた本人は返すあても無く、また、利用目的も分からず、それが却ってくるかどうかも分からない状態です。
そんな状態でお金の貸し借りは出来ません。
ちゃんとした目的のもとに、貸出金額や返却日数、そして何より消費者金融が大切にしている金利を決めて貸し出しを行うのです。
この審査が無ければ消費者金融は成り立ちませんよね。

 

しかし、みんなが考えます。
消費者金融の審査が甘かったらいいのになぁ・・・と。
審査がきつくてお金を借りられない人も居るのです。

 

現実には甘い金融会社もあるようですが、探すのも大変ですし、またトラブルになることもあるようですからあまり考えない方が良いでしょう。
それでも借りたい場合は、いろいろ話を聞いてみて探してみてから借りたらいいでしょう。
判断は自分でしましょうね。

 

敏感肌 白髪染め

 

▲TOPにもどる

 

審査の大事なポイント!!

消費者金融の審査において、これだけ外せないというポイントが2つあります。
この審査を受けなければ、お金を貸すことはできません。

 

この審査において、ちゃんと返済できるか、また、いくらまで貸すことが出来るかの判断をするのです。
この審査、ポイントは2つと言いましたが、1つ目は、現在や過去の借金歴があるかどうかです。

 

今まで何回借金をしたことがあるのかから、その借金の金額や返済ペースなど、全てにおいて審査されます。
これは、消費者金融のデータベースにより管理されているために、どんなにごまかそうとしても無理です。
下手にごまかすと落とされてしまう恐れもあります。

 

つぎのポイントは、職種です。
いまお金を借りたい人がどのような仕事についているかが大きな分かれ目となってきます。
どのような仕事にどれくらいの勤続年数勤めているかにより、その人がしっかりお金を返せる人かどうかを審査するのです。
パートよりは正社員、正社員の中でも公務員というように、手堅い職種は審査に通りやすいと言われています。

 

敏感肌 白髪染め

 

▲TOPにもどる

 

審査機構の甘さ

消費者金融はほかの金融会社の中でも審査がゆるいと言われています。
しかし誰でも借りられると言うわけではありません。

 

ですが、各会社の中で線引きがまちまちであるために、あちらで断られてもこちらは受かるなどと言ったことが、まま発生するようです。
まず審査として、融資を受け十分な返済能力がある人として、満20歳から満70歳未満の人にしか貸すことが出来ないようになっています。
もちろん未成年や収入が無い人などは論外です。

 

ここが甘さの違いですが、収入が無かったり学生であったりするのは基本的にNGですが、ここの層を獲得するために試行錯誤している金融業者があることも事実です。
基本的に断られるような事案であっても、返却できる能力があればいいと考える業者もいるので、審査もまちまちになってきているようです。
今までは借りることが出来なかった層の人たちも、審査を通ることが出来るようになったのは、いいことですがしっかり返済計画を建てましょうね。

 

▲TOPにもどる

審査の緩い消費者金融