審査の緩い消費者金融

審査の緩い消費者金融

審査の緩い消費者金融

審査が甘くて緩い消費者金融をお探し下さいまして、誠にありがとうございます。
世の中コンピューターの普及とともに個人の情報も管理され、人によっては不都合な事もあからさまになってしまっています。

消費者金融での審査は主にコンピューターで審査をします。この結果が審査落ちか審査通過の判断材料になります。
であれば、アナログ的な独自審査をしている消費者金融は無いのかと思われますよね。
こういった独自審査をしているようなところが審査のゆるい消費者金融になります。

審査のゆるい消費者金融を利用する人々

ブラックリストのひと
ブラックリストのひとは当然ながら審査にとおることは難しいです いわゆるブラックリストに載ってしまうには「返済を3回以上しない」「長い間返済を遅らせてしまった」「契約を破る」などの条件があります。
これらの行為をしてしまうと信用情報機関にある個人情報に「事故情報」としてこれらの行為が登録されていまいます。 この事故情報が載ってしまうと当然ながら審査は難しくなります。

多重債務者のひと
多重債務者というのは複数の金融機関から借り入れをしている人をさします。
多重債務のひとたちはその人の返済能力を超えて借金をしていることが多いので審査が通りにくいといわれています。

自己破産者のひと
自己破産者とは財産がないために支払期間がきても借金を払う能力がないと裁判所によって認めて貰って居る人のことを指します。
自己破産の状態になると20万円以上の財産を保有できない、つける職業に制限がある、新たな借金やローンが組めないなどの制限が付きます。

水商売等の仕事のひと
水商売等のの常識的に「安定した収入」とは認められない職業のひとは総じて審査が通りにくい傾向があります。
水商売等の給与体系は歩合制であったり正社員ではなくアルバイトやパート扱いと見なされ、離職されやすい職業とされているため審査が通りにくいといわれています。

専業主婦のひと
主婦というのは社会的には問題なさそうに思われますが、金融会社から見た場合、返済能力のない「無職」と同等の扱いと見なすところが多いようです。
また、借金をする多くの主婦は配偶者に隠れてしてしまうケースが多く、借りることのできる相手がいないため保証人などの問題で借りられない側面もあります。


以上の人々たちというのは、言うなればお金の借りにくい状況になりやすいと言えます。
ならばこれらの人々たちは返せない借金を前に路頭に迷うしかないのでしょうか?
答えから言うと「道はあります」。
ブラックリスト、多重債務者、自己破産者、水商売などの職業の人々、主婦などを顧客とした貸付業者は存在しているからです。
小規模の消費者金融は、大手が引き受けられないこれらの人々達に向けて融資を行っていることが多いです。
もちろん借りるときにはあらかじめ無理のない返済計画をたてて、信頼の置ける消費者金融を選ぶことが大事です。何事も計画的が一番です。

審査の緩い消費者金融