審査の緩い消費者金融

審査の緩い消費者金融

審査の緩い消費者金融


審査の緩い消費者金融



審査の緩い消費者金融 関連記事



審査の緩い消費者金融




消費者金融の審査って何?

お金を借りられる金融機関として、消費者金融や銀行カードローンなどがあります。 ネームバリューのある大手消費者金融では、簡単WEB完結とか、スピード審査、即日融資などの先手線文句はいかに簡単にすぐに借りられる環境であるといえるでしょう。
本当に早い方で、WEBで申込見、自動契約機でカード作成まで30分という方も珍しくないというのですから、ホームページの内容は本物です。
そんなに早いということは、誰でも借りられるということ?と思う方も多いですが、この短時間にも、消費者金融独自の審査をした結果です。
で、30分で融資完了の方は、審査に全く問題がない方ということです。

審査って何?という方に説明をしますと、融資の申込をした時に、この方の返済能力を調べることを言います。
収入だけではなく、過去や現在の借入金の有無と返済状況などです。
それを瞬時に調べることが出来、ある大手消費者金融では、それがスコアリングで結果が出るらしいです。
その消費者金融の審査で10点満点中7点ならOK、6点以下なら、今回の融資は見送り、審査落ちと言うような感じ(?)のようです。

そのスコアリングも個人信用情報機関というデータ化された個人情報システムがありますから簡単に照会するだけでわかるのです。
そこで、初めてキャッシングとか、他社借り入れなし、過去に完済が完璧などですと、スコアが良い事になり、30分審査で済むということです。
ですから、WEB完結、自動契約機がそばにない方は、指定銀行に振込でキャッシングで切るということになります。

消費者金融独自の審査の違いはそのスコアリングにあるのだと予想されます。
厳しいところでは7点、緩いところでは5点というような感じで、その1点の差はそれぞれの金融機関で微調整しているので、金融機関によって審査の差が出るのです。
一般に銀行カードローンが一番高く、次に大手消費者金融、中小消費者金融と続くようです。
ですから、銀行カードローンでダメだとしても、この順番で審査を受けると、融資を受けることができるとされています。
尚、即日融資キャッシングに関しては、大手消費者金融までで、中小消費者金融などでは、即日対応をしていないところが多いです。
ですが、緩い審査で、お金を借りられる確率は断然高くなっていくようです。

審査の緩い消費者金融



▲TOPにもどる



中小消費者金融は決して闇金ではない理由

審査が緩い中小消費者金融って本当にあるのですか? そこって闇金ではないのですか?

よく審査が緩いとされる消費者金融ではこういった質問が多いようです。
はっきり、あそこは闇金だから気をつけたほうが良いという口コミも見かけますが、一応審査が厳しい緩いの違いがある消費者金融は存在しています。
審査は、金融機関にとっては、必ず行うことです。
これは、消費者金融だけではなく、会社経営者や住宅ローン経験者ならよくわかることでしょう。
運転資金なら会社の経営状況などを調べます。
住宅ローンでは、過去と現在の借金状況はもちろんで、債務整理があるだけでも審査に落ちることがあります。

それと全く同じような審査が、消費者金融申込時に行われるのです。
そして、消費者金融によってその基準が違い、一般的に審査が緩いというところが本当にあるのです。
闇金と間違われてしまうのは、ブラックリストに乗ってしまうような方でも借り入れが出来たり、大手消費者金融で審査落ちでも申し込めるからでしょう。
確かに、こうした方でも中小消費者金融では緩い審査で借り入れができることもありますが、全てのブラックが借りられるわけではないのです。

闇金なんてとんでもないことで、審査そのものは結構しつこく時間をかけて行うのです。
特に、ブラックでも多重債務者は、すぐに否決されてしまう場合も少なくないようです。
そんなことでは、審査が緩いとは言えないでしょうという方もいますが、本来ブラックとされる方は、借り入れそのもの、申込そのものすら否決されるのです。
それを、一応審査の机上に載せる中小消費者金融の窓口は、審査が緩いと言っても間違いではありません。

そして、中小消費者金融では、決して大金の借り入れはしないことが多いです。
口コミによるものですが、希望金額よりも少ないものが目立ちます。
これは、返済できる範囲内であることが伺えます。
“返済は大丈夫ですか?”
これが、消費者金融側の懸案事項であることは容易に予想が付くことでしょう。
これだけ借金がある多重債務、債務整理をしたあと、総量規制範囲内ですが返済計画はどうなっていますか?などを聞かれることがあるようです。

大手消費者金融では。このようなお伺いは全くゼロで機械的に審査否決です。

中小消費者金融が闇金ではないことをご理解いただけたでしょうか?
決してそのようなことなく、返済ができない方にははっきりNOと結論を出す金融機関です。

審査の緩い消費者金融



▲TOPにもどる



中小消費者金融は借りやすいのではない?

中小消費者金融と言われるところでは、審査を緩いところが多いですが、お金を借りやすいのではありません。 独自の審査基準を設けているだけです。
ただ、審査が緩いことで、大手消費者金融で審査が通らなかった方も借りられるようになっているため、利便性が良い金融機関として知られています。
ただ、あまりキャッシング経験がない方にとっては、中小消費者金融って何が違うの?ということになります。

どんな会社でも大きいところと小さなところがあります。
創業も古い新しいがあります。
それぞれ独自の経営で日本社会を支えています。
大手と中小の違いは、一般会社と同じと考えて良いでしょう。
一昔の消費者金融というと、グレイゾーンなどがあり、高利貸しのイメージがありましたが、現在は利息制限法などの法律が整備され、高くても20%までしか利息を付けることが出来ません。
これ以上の利息がバレると、経営そのものができなくなってしまうのです。

大手消費者金融では、派手な宣伝ができますが、中小消費者金融はそれができません。
ネームバリューを貼ることができませんから、ただお客さんを待っているしかないのです。
それでもインターネットの普及でバナー広告などを掲げているところも少なくないのですがそれでも大手と横並びというわけには行かないのです。

そこで、金利は高くなってしまうけれど、審査を緩いものにすることで、大手消費者金融で審査に通らなかった方も対象にした貸し金をしているのです。
ですから、正規消費者金融ですし、違法でもありません。
法律に則った経営ですから、債務整理などにも対応してくれます。
そこで、審査が緩いということが先行してしまって、ブラックでもいいんだって?という口コミが流布していますが、確かにブラックも一応OKです。

一応と言うのは、中小消費者金融の審査に通ることが条件になります。
債務整理後、多重債務と言うのは審査範囲内です。
しかし、収入がない方は最初から却下、滞納や延滞中の方も断られます。
ということで、ブラックと言えども誰でも借りられるということではなく、独自審査が大手よりも緩い設定になっているだけです。
ですから、借りやすいよ、と言うのは正確な言葉ではなく、借りる可能性が高いかもしれないというのが、中小消費者金融の表現ではぴったりではないでしょうか?
実際に申し込みをしてみないと、結果はわかりません。

審査の緩い消費者金融



▲TOPにもどる



まずは徹底的に調べること 後半に会社名を紹介しています

怪しいと思われる中小消費者金融に関しては、絶対に申し込みをしないことです。 審査が緩い金融機関と言うのは、闇金融も含まれています。
消費者金融と闇金融、ソフト闇金は別ものです。
大手消費者金融や銀行カードローンなどで審査が通らなかった方を待ち構える金融機関のことを審査が緩いところと位置づけられています。
検索でも、この「審査 緩い」で多くの金融機関を調べる事ができます。
その中にしっかり闇金も含まれています。
困ったことに闇金融の中には、正規消費者金融と同じ名前のところも少なくありません。
それも大手消費者金融ではなく、中小消費者金融のあまり知られていない金融機関です。

審査が緩い金融機関で、似たような名前の会社が多く迷ったときには、そこは利用しないことです。
次の検索などで、安全で確かなところを探しましょう。
SEOの関係から、上位検索をされていて、同時にたくさんのクチコミ情報があるところは安心です。
金融庁での貸金業者で、登録番号なども調べることができます。
この登録番号で届け出があれば、闇金ではないのです。
そのような消費者金融であれば、間違いありません。
そこまでしなきゃダメ?という方も多いですが、もちろんその前にわかれば問題はありません。
しかし、不安な方は徹底して正規消費者金融を探し出す事は大切なことです。

消費者金融で知らない会社名で審査が緩いところが多いです。
はっきり言って優良消費者金融が揃っていて、事情を話すことで、法律範囲内の借り入れができるところがあります。
もちろん返済ができる方限定ですが、その会社名は言ったとしても多分知らないところです。

しかし、世の中には、審査が緩い中小消費者金融でしか借り入れができない方がとても多いのです。
そのような方などが体験口コミや様々な情報発信をしてくれています。
大手ポータルサイトの掲示板などでも回答していたり、とにかく自分で調べてみることは大切です。
そして納得行く消費者金融の申し込みを考えましよう。

例えば、具体的な会社名としては、
フクホー、エニー、中央リテール、ライフティ、アローなどです。
全て似たような会社名の闇金融も実在していますから、きちんとホームページを確認してから、申し込みをしてみてください。
全て大手消費者金融で審査落ちした方でも借り入れができたという口コミ確認済みですが、全ての方が借りられる保証はありません。

審査の緩い消費者金融



▲TOPにもどる



審査の差が大きい消費者金融

銀行カードローンは、総量規制対象外です。 ですから、借りられる最高額も高く、おまとめローンもできる魅力的なカードですが、審査はとても厳しいです。
総量規制と言うのは、年収の3分の一の借り入れ限度額のことで、銀行で借りるときには無関係になるのです。
しかし、消費者金融の場合は、総量規制範囲内でしか借りることができないので、人によって借り入れ限度額が変わります。
しかし、銀行よりも審査は緩いです。

消費者金融では、パートなどの定収入な方にも上記の総量規制の範囲内のキャッシングができます。
毎月一定の収入があることが証明できれば良いのです。
その方法も50万円以下なら在籍確認だけで済むことも少なくなく、職場に連絡が来るだけでキャッシングができるのです。
ですから、気軽にキャッシングしたい方は、銀行よりも消費者金融の方が審査は通りやすいと考えて良いでしょう。

銀行はメガバンクだけではなく、地方銀行などもありますが、融資に関しての審査に関しては、大体同じです。
メガバンクが厳しくて、地方銀行は緩いということはないのですが、多少地元の強みでという事はあるようです。
それでも地方銀行は消費者金融よりは審査は厳しいです。

ところが、消費者金融に関しては、大手消費者金融と中小消費者金融の審査には大きな開きがあります。
特に中小消費者金融に関しては、大手消費者金融で審査落ちした方も借り入れができる方も多いことから、中小消費者金融はかなり緩い審査基準になっているといえます。
中小消費者金融の審査では、返済ができる方であれば、過去の個人信用情報機関で金融事故があったとしても、借り入れチャンスがあります。
はっきり言ってこれだけでも審査がゆるゆると言っても良いでしょう。
大手消費者金融では絶対に有り得ないのです。

他社借入件数が多いだけで否決されるのが大手消費者金融ですが、そこに総量規制の範囲があれば、その分の借り入れができる中小消費者金融。
収入から返済できる方にはこんなチャンスもあるようです。
債務整理後は最低5年間は借り入れができないのですが、中小消費者金融では、債務整理後数年での借り入れにも対応する場合が多いです。
任意整理中の方にも借り入れをする中小消費者金融も存在しています。

このように消費者金融だけは、審査が緩いところが実際に存在しています。
どうしてもお金が必要な方で、審査が通らない方と新倍な方は中小消費者金融がおすすめです。

審査の緩い消費者金融



▲TOPにもどる



ブラックなので審査の緩い消費者金融を探している

借入先の借金を長期延滞、債務整理、自己破産などの事故情報が有る場合、審査に通るのは至難の技です。
銀行系フリーローン、銀行系カードローン、銀行ローンだけでなく、中堅消費者金融の審査も信用情報は共有されているので、中小でも小さな自社審査の金融会社に申込みするしか方法はありません。

また、主婦の方であれば、専業主婦OKと広告している金融業者でもサービス利用の条件を良く読んで申し込みしないと、ヤミ金だったりすると、返せなくなります。

何とか借りたい人に向けたポイントとしては、ネットで全国対応の中小消費者金融で自社審査の所を探すことです。

ただ、ブラックでも融資してくれる所は沢山あるので、軽いブラックでしたら申し込みして確かめる人も多いです。

信販系の無人契約機は魅力的ですが、ブラックでしたら対面の審査でも何でもチャレンジして貸してくれる所を見つける事に力を入れたほうが良いです。

▲TOPにもどる

 

 

 

審査の緩い消費者金融

更新履歴